seesaa_site_id = 'hpcherokey'; seesaa_floating = false;

2011年01月08日

傲慢なのは私ではないはず。





スーパーに行ってきました。


買い物をかごに入れてレジに行き、
レジ担当(以下:レ)の手によって清算機を通り抜けていく品々。


ここはレジ袋が有料なので、合計金額が表示されたときに、

私:「袋1枚ください」

いつもの当たり前のせりふを吐いたのだが、ここで思いがけない返事が。

レ:「もったいなくないですか?」

一瞬耳を疑った。確かにそれほどの数量の買い物はしていない。
ただ、両手で持ちきれる量ではない。

いや、そんなことは関係がない。
魚や肉や野菜が商品棚に陳列されているように、
レジ袋がレジで販売されているだけだ。



肉屋で肉を買おうとして、買い過ぎだの、少なすぎだの、
ましてやもったいないなどと言われることがあるだろうか。

八百屋で野菜を買おうとして、買い過ぎだの、…以下略。



商品として肉や魚を求めるように、私はレジ袋を求めた。
もったいないとはどういう意味か。
貴様のような者に売ってやるレジ袋はないと、そう言いたいのか。

よかろう。
私はそこまで蔑まれてまで頭を下げて売って頂くつもりは無い。
逆に、レジ担当の真意を探るべく、対話に応じる気もない。
数年前の私なら叱責を与えてやったところだろうが、無言でレジから離れた。


後ろから、

レ:「おきゃくさ〜ん」

予想通り過ぎて拍子抜けだが、

私:「はい」

笑顔で振り返る。

レ:「お会計が…」

別に売ってくれなくてもいいので、一切の買い物を放棄してレジを離れたのだ。

私:「結構です」

レ:「えっ」

私:「売って頂かなくても結構です」

レ:「れじぶく・・・」

いまさら何を言うか。

私:「全部、結構です。キャンセルで。」

別のスーパーで、気持ちよくお買い物をして帰宅しました。


ただいま♪



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村
ブログトップへ
posted by 山 at 23:40 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは♪

最終的に気持ちよくお買い物出来てよかたね(苦笑)
Posted by 藍 at 2011年01月08日 23:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: